サービス 遺品供養・整理

遺された方の想いが大切になる遺品供養

昔から「物には魂が宿る」と言われているように、ご先祖様や故人の遺品にはたくさんの歴史や想いが詰まっています。 愛読していた書籍やお気に入りの帽子、トロフィーや賞状、写真や人形など数えきれないほどの愛用品など、 故人様の思い出の品の数々を簡単に処分する気持ちにはなれないと思います。

故人の愛用品をいつまでに、どのように整理するかについては決まりがありません。 そして、遺された家族にとっても思い出の品は手放しにくく、一般のゴミとして処分となると「寂しい、申し訳ない」という気持ちがあり、 区切りを付けることはとても難しいことです。

家族の気持ちと故人の思いを大切に考え、形見分け出来る品と手元に残したい品を分けて、後悔のないようにしましょう。

トータルアフタープランナーがお手伝いできること

故人様の大切な思い出の品を、心を込めてご供養いたします。

トータルアフタープランでは、遺品整理のアドバイスを行っています。

時間が経って遺品を整理しようと思った時、故人が大切にしていた品や遺族が処分を迷ってしまう品は、 衣類や寝具と共にお焚き上げ供養されることをお勧めします。 行動を起こすことで心の整理にも繋がると思います。

私たちトータルアフタープランでは、ご遺族が整理された遺品供養袋をご自宅までお預かりに伺います。 お預かりさせていただきました遺品は読経供養し、お焚き上げが終了いたしますと、供養証明書を発行します。

遺品を整理するにあたって

愛用品だけではなく、日常使っていた布団や衣類などを合わせると、全ての物を手元に残すということは容易ではありません。

実際に、遺品の整理についてはお葬式後のお悩み相談の中でも多くの声が寄せられています。

気持ちの整理も含めてどういった整理方法が一番良いのか分からず、どうしても後回しになったり、整理に踏み切れなくなってしまうようです

遺品供養の必要性

遺品を処分するのではなく、供養を依頼する方が増えています。

遺品供養は、家族で思い出話をしながら形見分けをし、選んだ物を大切に末永く保管することでご先祖様や故人を敬うことができます。 手放す物にはお経をあげたり、お焚き上げをすることで魂が宿った遺品をご先祖様や故人と一緒に弔うことができます。

ただ単に「物」を整理・処分するのではなく、ご先祖様や故人の想いと遺された家族の気持ちを整理できることから、遺品供養は最善の方法として選ばれているようです。

ワンポイント!お役立ちノウハウ

遺品供養のタイミング

四十九日や一周忌など節目を目安に遺品供養をされる方が多いですが、気持ちの整理がつかないうちに処分すると寂しさが増してしまうこともありますので、無理は禁物です。

また、最初は供養する必要がないと思っていても、整理するうちに供養したい物が出てくる方もいらっしゃいます。

一度断ってしまったからと遠慮なされずに相談ください。

遺品整理とハウスクリーニング

テレビや雑誌の特集にも組まれることが多く、遺品整理とそれに伴うハウスクリーニングが注目を浴びています。

ひと昔前に比べて「家を継ぐ」という意識が希薄となり、一代で家を手放す方が多くなっています。巣立っていった子どもたちはすでに自分の家庭を持ち、生活しているので、生家に残された家財道具などの処分を遺品整理の専門業者に依頼するケースが急増しているのです。

トータルアフタープランナーがお手伝いできること

遺品整理に伴う面倒な手続き等をサポートします

遺品整理に伴い、遺品の供養・家の修理や修繕(畳張替えからクロスの張替え)・家の掃除・家財の処分・不動産売却などプロフェッショナルをご紹介致します。 ぜひ、ご相談ください。

遺品整理の利便性

遺品整理業者は大きな家財処分だけではなく、着物などの衣類や生活用品・家電などの処分も取り扱い、全て一括で依頼をすることができます。また、遺品整理というと「亡くなった後に依頼をする」というイメージがありますが「生前整理」の依頼も増えています。

老人ホームなどへの入居で自宅に戻らないことから、自身で指示ができるうちに自宅を整理してもらう方、体が不自由になり自身では整理ができず、生活しやすくするために整理を頼む方もいらっしゃいます。

ハウスクリーニングについて

賃貸マンションなどの集合住宅に住んでいる場合、引き渡しをしなければならないことから、ハウスクリーニングの需要が増えています。

また、遺品整理の専門業者が注目を浴びている理由の一つに、孤独死という現状があります。最近では単独世帯が増え、それが孤独死につながって社会問題に発展しています。 孤独死が起こってしまった部屋はプロの清掃が必要となりますので、家財の処分も含めて遺品整理業者への依頼が増えています。

  • 忌日・年忌法要計算
  • 提携先企業